男性下着でオシャレしよう

男性下着でもオシャレをしよう!|人気ブランドの特徴って?

MENU

男性下着のブランドはどこが人気?

いつの頃からでしょうか、男性下着は非常にファッショナブルなアイテムとなり、ブランド品もアウターウェアに負けないくらいの豊富なアイテムが揃っているようです。
特に海外製品はかなり以前から男性下着のファッション化に取り組んでおり、デザインは多岐にわたって展開されています。
その中でも、元祖的存在なのがカルバンクラインでしょう。
カルバンクラインは1990年代、モノトーンベース主体でカラフルではないのですが、従来の男性下着にはなかったボクサーブリーフのような斬新なデザインを次々と発表し、注目を浴びたのでした。
太いウエストゴムにブランドロゴがプリントや先染めで大きくデザインされたタイプは、ズボンのウエストをわざと下げてこれを見せるファッションまで生み出し、男性下着の在り方を変えてしまうような一大現象ともなったのは記憶にも新しいと思います。
カルバンクラインは今でももちろん人気で、ブラックの本体にシルバーのウエストゴム、そして誇らしげな「Calvin Klein」ロゴのアイテムはエース中のエースです。
他に海外ブランドではディーゼルも定番です。
ディーゼルは骨太のカジュアルウェアが母体なので、男性下着でもメリハリの効いたデザインのものが多くなっています。
「DIESEL」のロゴは太くて力強く、カラーバリエーションも1アイテムで10カラーにも及ぶことがあり、カラー自体も原色のレッドやブルーなど鮮やかなものが多いようです。
また、ドルチェ&ガッバーナも前者2ブランドと同じような傾向のブランドです。
ただし、1つのアイテムにマルチカラーを採り入れている点は特徴的で、パイピングやステッチなど思い切ったカラーリングで派手なデザインとなっています。
ウエストゴム&ブランドロゴを強調したタイプもありますが、ドルチェ&ガッバーナを選ぶならカラフルラインが個性的でお勧めです。
それから、トミーヒルフィガーもしっかり男性下着を展開させているブランドです。
あの独特のトリコロールカラーのワンポイントマークをウエストゴムのセンターにあしらい、モノトーンをベースにしたアイテムが中心です。
ネービーカラーが似合うという点ではこのトミーヒルフィガーが一番かもしれません。
もうひとつ忘れてはいけないのがラルフローレンでしょう。

ラルフローレンはアウターウェアのイメージの通り、上品なデザインが特徴で、ボクサーブリーフもシンプルなものとなっていますが、ブランドロゴの代わりにさりげなくポロマークがあしらわれている点はさすがです。
ソックスのワンポイントと同じようなものを想像してもらえばいいと思いますが、これだけでブランドを訴求できるのはこのラルフローレンだけかもしれませんね。
日本のメーカーでは、グンゼのBODY WILDやワコールのBROSが店頭での中心のようですが、BVDも根強いファンを獲得しているようです。